開催済み

『芸術はなぜ必要か-三つのエピソードを通じて考える-』オンライン公開講義 森村泰昌 大阪大学特任教授

コロナウィルス感染拡大のなか、不要不急の行動は控えるようにとよく言われます。美術、演劇、音楽などの芸術表現は不要不急の活動なのでしょうか。三つの事例をあげながら、「芸術とは何か」について考察します。

開催日時:2021年2月15日(月)10時00分〜3月15日(月)23時59分まで(1ヵ月間)
対象:大学生、高校生、保護者、一般
定員:制限なし
参加費等:無料
参加申込:この公開講義は動画配信によるもので、どなたでも視聴できます。2月15日(月)10時00分から3月15日(月)までの1ケ月間の間、大学から提供する動画サイトにて視聴して頂けます。下記の申し込みフォームに必要事項をお書き込みの上、視聴の申し込みをお願いいたします。折り返し、動画サイトURLをお送りします。(動画URLは、自動返信の登録完了メールに記載しています。登録完了メールが届かない場合は、kodaioffice@chega.osaka-u.ac.jpまでご連絡ください。)
お申込締切:2021年3月10日(水)
講師:

森村泰昌(美術家)

1951年、大阪に生まれる。京都市立芸術大学美術学部卒業、同美術専攻科を終了。現在、大阪大学特任教授。
セルフポートレイト手法の写真作品を作り続ける美術家。近年は演劇や映画制作にも積極的な姿勢を見せている。2020年開催の個展に、「エゴ・オブスクラ東京2020ーさまよえるニッポンの私」(原美術館 東京)「遊ぶ美術史ーほんきであそぶとせかいはかわる」(富山県美術館 富山)「Mの肖像ー作品を解く鍵はMだ」(モリムラ@ミュージアム 大阪)。近著に、「美術、応答せよ」(筑摩書房)、「自画像のゆくえ」(光文社新書)、「ほんきであそぶとせかいはかわる」(LIXIL出版)など。2011年度秋 紫綬褒章。ヨコハマトリエンナーレ2014の芸術監督を務める。2016年、大阪文化賞。2018年、大阪北加賀屋にモリムラ@ミュージアムが開館した。

タグ
  • :高大接続部門

【作品】マスクをつけられたモナリザ1(誰が正しいのかわからない)
                制作年:1998/2020 
                技法:カラー写真をカンバス加工。アクリルにシルクスクリーン印刷 

    

【主催】大阪大学文学研究科、大阪大学高等教育・入試研究開発センター
【問合せ先】大阪大学  森村泰昌公開講義実施担当 kodaioffice@chega.osaka-u.ac.jp

本イベントの参加申込受付は終了しました。
他のイベント情報を見るには下の「イベント一覧画面に戻る」を押してください。