高校生のためのSDGs@HANDAI

持続可能な未来社会づくりの第一歩を阪大から

開催日時:①2021年7月27日(火), ②2021年9月4日(土), ③2021年10月16日(土)
開催場所:

会場参加またはオンライン
【会場】
①(7/27)③(10/16) 大阪大学 豊中キャンパス 大阪大学会館講堂
https://facility.icho.osaka-u.ac.jp/daigaku-hall/access.html
②(9/4) 大阪大学 吹田キャンパス コンベンションセンター MOホール
https://facility.icho.osaka-u.ac.jp/convention/map.html
【オンライン】
ZOOMウェビナーを使用します。
※後日、申込者に接続先URLをお送りします。安定したネット環境があればどなたでもアクセスできます。

対象:高校生、高校教員
定員:各回 会場200名、オンライン500名 *新型コロナウィルスの状況によりオンライン開催のみに変更有
参加費等:無料
参加申込:要。下の参加登録フォームよりお申し込みください。
※先着順
※オンライン受講者には追ってURLをお知らせします。
お申込締切:各回実施日の2日前まで(①7月25日(日)②9月2日(木)③10月14日(木))
タグ
  • :高大接続部門

大阪大学の幅広い分野の最先端の研究をSDGsの視点から紹介します。
各回、文系・理系双方の研究者が登壇し、3回にわたって様々な研究分野に触れることができます。
ぜひ、この機会にSDGsへの理解を深めていただくとともに、進路を考えたり、探究学習のテーマ設定や研究方法のヒントを得ていただけると幸いです。たくさんの皆さまのご参加をお待ちしております。

【プログラム】

〇第1回(7/27) 心豊かで健やかな生活の実現を目指して 
13:30~13:40 開会あいさつ
       西尾 章治郎(大阪大学総長)
13:40~14:10 「みんなのSDGs~自分ごと化のすすめ~」
       田和 正裕(グローバルイニシアティブ機構 特任教授・JICA関西 シニアアドバイザー(SDGs)) 
14:20~15:25 「包摂型社会にみる参画と協働のあり方-スウェーデンの実践」
       高橋 美恵子(言語文化研究科  教授)
15:40~16:45 「生活習慣病の予防と疫学研究、国際社会への貢献」
        磯 博康(医学系研究科 教授) 

〇第2回(9/4) エネルギー問題に立ち向かう~若手研究者の挑戦~
13:30~14:35 「離島の視点から討究する持続可能で公正なエネルギー転換」
        松村 悠子(人間科学研究科  特任助教)
14:50~15:55  「スマートエネルギーマネジメント技術 〜エネルギー問題の解決に向けた情報科学の挑戦〜」
        谷口 一徹(情報科学研究科 准教授)
16:05~16:45  阪大生とSDGs① ▶SDGsに関する活動や研究をしている学生によるトーク

〇第3回(10/16) 環境を守るためにできること~テクノロジーと法、2つのアプローチ~
13:30~14:35 「プラスチックとどう共生していくか。みんなでエコを考える」
        宇山 浩(工学研究科 教授)
14:50~15:55  「自然にも権利はあるか-人と生き物の幸せを考える」
           大久保 規子(法学研究科 教授)
16:05~16:25  阪大生とSDGs② ▶SDGsに関する活動や研究をしている学生によるトーク
16:25~16:55 「誰一人取り残さない社会を目指して~大阪大学にとってのSDGs~」
        堂目 卓生(社会ソリューションイニシアティブ長・経済学研究科 教授)
*プログラムは変更になる場合があります。

■主催:大阪大学 高等教育・入試研究開発センター
■共催:大阪大学 社会ソリューションイニシアティブ

HANDAISDGs

チラシダウンロード(PDF)

参加希望者は以下のフォームからお申し込みください

印は必須項目です
[osaka-u.ac.jp]のアドレスから確認メールが届きますので、受信できるメールアドレスを記入ください。
イベント一覧に戻る