大阪教育大学附属平野校舎1年生が大学訪問で学生と交流

学生による学部紹介と座談会を行いました

 2019年10月23日(水)、大阪教育大学附属高等学校平野校舎1年生110名が、進路学習の一環として本学豊中キャンパスを訪れました。
  文・理2つの会場に分かれ、文系4学部(文、法、経済、外国語)と理系4学部5学科(工、基礎工、医(医)、医(保)、歯、理)に所属する学生9名が、それぞれの学部と大学生活の紹介、高校生活へのアドバイスを行いました。プレゼンテーション終了後は、生徒の興味のある学部に分かれて座談会を行いました。
  学生との交流を終えた後は、4つのグループに分かれてキャンパス見学へ出発。数理・データ科学教育センターの研究室見学や、博物館、図書館などでそれぞれ説明を受けながらキャンパスを散策しました。
  学生たちの協力で、高校生のみなさんは、一度に複数の学部についての概要を知るとともに、学生各々のキャンパスライフの一端に触れ、受験に向けての心構えなども聞くことができました。この経験を今後の進路選択に生かしてもらえれば幸いです。  

タグ
  • 高大接続部門

学生のプレゼンの様子(文系会場)

学生のプレゼンの様子(理系会場)

座談会の様子